セルライトとは

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさを追求するキャリア十分の専門医集団!
脂肪吸引で城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材!

セルライトが出来る仕組み

セルライト(cellulite)はフランス語で細胞を意味する『cellule』と、鉱物を意味する『ite』によって作られた造語です。脂肪細胞が塊になっている状態なので、このような名前が付けられたのでしょう。脂肪細胞の代謝が衰え肥大化するとともに、周囲の組織を繊維化させることで起こるものと言われています。

セルライトは、日本人では30代以降の女性に多く見られます。欧米では成人女性の8割の女性がセルライトを自覚しているとさえ言われるほどで、オレンジピールスキン(みかんの皮のような肌)と言われ肥満以上に嫌われる存在です。

体脂肪が多い人や皮下脂肪の多い部分(お尻、太腿、二の腕)に出来やすいのは確かですが、太っていなくてもセルライトがある人は大勢います。これには代謝の低下や血行不良が関わっていると考えられています。

通常の皮下組織 セルライトの溜まった状態
通常の皮下組織   セルライトの溜まった状態

スポンサード リンク

セルライトの原因

セルライトの原因としては以下のようなものが考えられています。
○運動不足、代謝の低下
運動不足や代謝機能の低下は脂肪の付きやすい体になるだけでなく、老廃物が体内に蓄積しやすい状態を招いてしまいます。これによって古い皮下脂肪が蓄積され、セルライトが作り出されます。更年期など、ホルモンバランスが乱れがちな時にも代謝機能が乱れる事でセルライトが出来やすくなるとも言われます。

○血行不良、むくみ、冷え性
血液やリンパの流れが悪くなると老廃物が体内に残りやすくなります。もともと冷え性やむくみやすい体質の人の場合は、抹消循環が良くないので肥満でなくても注意が必要です。

○老化
子供にはセルライトは見られませんから、セルライトが出来るのは老化現象ともいえます。老化すれば、代謝機能が低下するのはやむを得ないところです。しかし、それで諦めることなくセルライトを作らない、減らす努力が大切です。

 
スポンサード リンク
  [他カテゴリのオススメ記事]
ピーリング石鹸
二重埋没法
二重切開法
レーザー脱毛
プチ豊胸(SUB-Q注入法)
陥没乳頭(陥没乳首)
ヒアルロン酸注入・注射
コラーゲン注入・注射
ボトックス注射でしわ取り
プラセンタ注射
ダイエットの口コミサイト ダイエットの口コミ広場 OPEN!!

Copyright (C) 2005 口コミ広場 All Rights Reserved.